絶縁体を基材とした片面テープ  絶縁テープのご紹介

絶縁体を基材とした片面テープ  絶縁テープのご紹介

基材は、ポリ塩化ビニル(PVC)が一般的ですが、それ以外にも、アセテート、ガラス繊維、ブチルゴム、シリコーンゴムなど特徴のある各種絶縁テープが販売されています。



絶縁テープについて

tesa_single-sided-insulation-002_72dpi

絶縁テープとは、電気を通さない絶縁体を基材とした片面テープです。ポリ塩化ビニル(PVC)を基材にしたいわゆる塩ビテープが一般的ですが、それ以外にも、アセテート、ガラス繊維、ブチルゴム、シリコーンゴムなど、それぞれの素材の特徴を生かした絶縁テープが各種販売されています。今回は、絶縁テープをご紹介します。

皆さんが一番よく目にする絶縁テープは、電気工事の配線接続時のむき出しになった導線部分を絶縁するための粘着テープです。ポリ塩化ビニルを基材にした絶縁テープは、その使いやすさと手ごろな価格から、今では、絶縁用途に留まらず、補修、マスキング、仮止め、すべり止め、結束などあらゆる用途に利用される万能型粘着テープのひとつになっています。

絶縁テープ/製品別

tesa-04600-as-001-fullsize,197237_canvas1x1_6[1]

■自己融着テープ テサ・エクストリーム4600
テサエクストリーム4600は、シリコーンゴムを基材とした自己融着テープです。部品交換を待てない、設備を当面停止できないなどの緊急時に活躍します。絶縁処理、油漏れ、水漏れ、エアー漏れなどあらゆる補修に使用頂けます。

[主な特徴]

・粘着剤なしでしっかり自己融着します。
・オイルまみれ、水中でも使用できます。
・耐熱・耐寒・耐候性に優れ、耐薬品性・耐油性・耐塩水性・耐摩耗性にも優れる。

→絶縁テープ関連製品「自己融着テープ テサ・エクストリーム4600」はこちら

■ワイヤーハーネス用絶縁テープ
コピー機やプリンターを安全に使用するためには、ケーブル類を絶縁する必要があります。当社のフィルム基材および布基材テープが、ケーブルをしっかり結束します。これらの片面粘着テープは、柔軟で優れた絶縁性があります。また、これらのテープは、引張強度が高く、粗面への追従性があり、糊残りなく、きれいに剥がせなければなりません。

[主な特徴]

・ケーブルをしっかり結束します。
・柔軟で優れた絶縁性があります。
・引張強度が高く、粗面への追従性があります。
・糊残りなく、きれいに剥がせます。

→絶縁テープ関連製品「ワイヤーハーネス用 絶縁テープ」はこちら

 

■ビニールテープ(テサ4251)
テサ4251電気絶縁用ビニールテープは、作業性に優れたJIS規格適合品です。電気配線工事などの絶縁用途、仮止め、補修、結束などあらゆる用途で大活躍します。基材がポリ塩化ビニルの片面粘着テープで、一般的には、塩ビテープと呼ばれることもあります。

[主な特徴]

・手切れ性がよく、管シール、配線工事など効率的に作業できます。
・柔軟性があり、凹凸面へもよく追従します。
・鉛フリータイプ

→絶縁テープ関連製品「ビニールテープ テサ4251のご紹介」はこちら

更に読む

当社について

私たちテサテープは、信頼性に優れた粘着テープによるソリューションと質の高いサービスで、様々な産業で活躍する企業の皆様をプロセスの最適化と製品改良を通じてサポートしています。また、プロの職人の方々が効率よく質の高い仕事ができるように、 あるいは、一般の消費者の方々が、家庭、オフィス、趣味のDIYでより簡単にそして楽しく作業できるような製品をお届けしています。

絶縁テープに関するお問い合わせ・ご相談は以下よりお気軽にご連絡ください。

 

 

更に読む