テサのトリムやプロファイルの製造者向けソリューション

装飾用トリム・プロファイル

装飾用トリムやプロファイルの接合(接着)にお使いいただける粘着テープをご紹介します。

トリムとプロファイルの接着に付加価値を

トリムとプロファイルは、世界中のあらゆる業界で使用されています。私たちテサがご提供する粘着テープは、様々な製品・部品の取りつけ用途として数十年にわたって使用されており、高い信頼をいただいています。お客様の製品(部材)に粘着テープをあらかじめ貼りあわせておくと、現場ですぐ施工の作業が実施できます。粘着テープをご採用いただくことで、工期の短縮が期待できます。

世界中で使用されている経験からうまれたディスペンサーや粘着テープによる接合の技術的なアドバイスをおこなっています。お困りごとがございましたらご相談ください。

エンドユーザ様視点でのメリット

  • 接着箇所が目立たず、意匠性が高い
  • 素早く接着でき、作業も簡単
  • 信頼できる接着力

トリムメーカー様視点でのメリット

  • 製品価値の向上
  • より広い市場へのアクセス
  • 押し出し成形ラインへの取り込みが簡単

ドアと窓

樹脂窓のドライグレージング

樹脂窓のドライグレージング

プロファイルは主にドア周りのさまざまな異種素材を接合する目的で使われます。 ここで使われる両面テープには、屋内外の環境条件への耐久性と窓やドア製品に劣らない製品寿命が求められます。 当社の両面テープは、建築資材の必須アイテムで、その耐久性は複数の外部試験によって証明されています。

証明書・外部認証試験

証明書

tesa® ACXplus 7074 – ift 性能証明試験 – さまざまな気候条件下における出入り口ドア向け試験(報告書 no. 14.-002596-PR04)

tesa® ACXplus 7078 – ift 性能証明試験 – iftガイドライン「VE-08/1, Part 1」に沿った接着試験(報告書 no. 10-000666-PB01)

内装の仕上げ

オフィス用パーティション向けIプロファイル用テープソリューション

ガラス製パーティション向けIプロファイル

当社の粘着テープは、ブラインドの組み立てやブラインドレールの取り付け、カウンターや壁などにバンパーレールを接着するというような内装の仕上げの各素材・用途に幅広く使用されます。 一般消費者向けには、取り扱いが簡単で、耐久性の高い粘着テープをご用意し、目立たない薄いフィルム基材テープから、隙間を埋める特性を持ち、粗面によく着く分厚いフォーム基材テープまで取り揃えています。

商品陳列棚

棚角用テープ

棚角用テープ

商品棚の先端に固定される値札用パーツは、スーパーマーケットの至る所で見られます。 あらゆる棚素材にしっかりと着き、値札や商品が入れ替えられる時に加わる負荷への耐久性が求められます。 当社の両面テープで取り付け作業のあらゆる課題を解決して下さい。

家具

装飾部品の接着(金属と木材の接着)

内装トリムの木材への接着

家具のデザイン性は、取り付けられるトリムやプロファイルで決まります。 どのような表面にトリムが接着されるのか、どのような負荷が接着部分にかかるのかという課題に加え、固定方法が目立たないことや耐久性も大変重要です。 当社が提供するフィルム基材あるいはフォーム基材の両面テープは、家具のトリムやプロファイルを取り付ける際の必須アイテムです。

カスタマイズソリューション

当社は、お客様に粘着テープを提供するだけでなく、トータルソリューションを提供することを約束します。 用途とユーザーの希望に合わせてテープを選ぶことから始まり、ディスペンサー(貼り込み治具)や貼り合わせ加工システムを製造ラインに組み込むご提案をさせて頂き、より簡単にテープをご利用頂けるように致します。

長尺巻きロールディスペンサー

  • 連続生産向け、あるいは、ストップ・アンド・ゴー生産向け
  • オフライン用貼り合わせ加工ユニット
  • 現状生産ラインへの取り込みが簡単

 

高品質長尺ロール

  • 圧倒的な長さ
  • テープ幅は4~45 mmで選択可能
  • 豊富なはく離紙の種類

 

難接着素材の前処理工程

  • インラインでプラズマによる前処理
  • 液体粘着プロモーター

 

ASE(アプリケーション・ソリューション・エンジニアリング)

お客様それぞれの用途、素材、工程にあわせて検証テストや設計を実施しています。

  • 被着体試験
  • 粘着テープ選定のお手伝い
  • ディスペンサーの設置 など

製品