注入前の補強

補強

分かれている部品(ポリスチレン製ボディ、金属ボディなど)をしっかり固定することで、ポリウレタンフォームの注入による変形や漏れなどを防止します。

ポリウレタンフォームの注入時に、部品が傷つく場合があります。 テープの使用により、2つの部分(ポリスチレン製ボディ、金属ボディなど)を固くつなぎ合わせることができます。 これにより、注入中に起こる損傷のリスクを減らすことができます。

ここで使われるテープには、高い伸長性と耐せん断性、切れにくさが求められます。 作業後にテープをはがす際、のり残りがないことも重要です。

製品