フィルム用スプライステープ

フィルム材料向けスプライステープ

一般的なフィルム材料(OPP、CPP、PETなど)や、スリップ材入りのフィルム材料など原反材料に適したスプライス(つなぎ)専用の粘着テープをご提案いたします。

オンラインの商談に申し込む


日本でも製紙・印刷業界で高いシェアを誇る「tesa EasySplice®(テサ イージースプライス)」シリーズ。

フライングスプライス機で原反をつなぐ際に使用される粘着テープに着目し、現場の職人による仕立て工程の標準化やスプライス(原反つなぎ・継ぎ)の失敗を防ぐために開発された原反つなぎ専用の粘着テープです。

「層間剝離」構造という特殊な機能により空転中に原反が開くトラブルを防止し、かつスプライス(つなぎ)工程時は確実に原反が開きます。粘着面が露出しない構造により、走行中の機械に入り込み悪影響を及ぼすことがないことも特徴です。

また、原反の材料(紙、フィルム、不織布など)に最適な粘着剤を開発しており、非極性(接着が難しい)フィルム材料に最適な製品もご用意しています。スプライス(つなぎ)前後に減速または機械を停止する必要がなくなるため、生産性の向上に繋がります。

その他にも、一般仕立て用の両面粘着テープや仕立て補助用のラベルなど、豊富な粘着テープ製品でフィルム材料の印刷やラミネート工程をサポートいたします。


tesa EasySplice®(テサ イージースプライス)の利点

テサイージースプライス®フィルムライン
テサイージースプライス®フィルムライン
  • 仕立て準備の簡略化と標準化
    イージースプライスの名の通り、仕立て準備を簡単に行うことができます。1種類の粘着テープを横一文字に貼りつけるだけで完結します。経験の深さに左右されないため、工程の標準化を実現できます。
  • 高速運転による生産性の向上
    機械(装置)の稼働スピードを落とすことなく、確実にフィルム材料の原反をつなぎます。通常の粘着テープでは接着が難しいフィルム材料も、特殊な配合の粘着剤を使用した製品で高速運転を実現します。
  • 材料ロスの削減
    スプライス(原反つなぎ)工程の失敗を防ぐことがでるため、材料ロスの削減に貢献します。

製品ラインナップ

フィルターを表示

テサ イージースプライスの使用方法(フィルム原反)

Fold back top layer.
Apply the tape in a straight line or at a slight angle.
Remove the narrow part of the liner.
Pull the top sheet down.
SIM-PWP_splicing-application-007_300dpi
SIM-PWP_splicing-application-008_300dpi
Remove liner
SIM-PWP_splicing-application-010_300dpi

1. 表層のフィルムをめくり上げます。

2. 少し角度をつけ、両端から1cm程あけてイージースプライステープを貼りつけます。

3. 細幅のはく離紙(ライナー)を下から上に向かってはがします。

4. めくり上げていた表層のフィルムを戻し、露出している粘着面に貼りつけます。

5. 余分なフィルムをめくり上げた後、切りとります。

6. 端部を処理します。

7. 接着をよくするためヘラなどで上から押さえたら、残りのはく離紙を下に向かってはがします。

8. 仕立て準備の完了です。

テクノロジーとトレンド

関連市場については、こちらのページをご覧ください。