ポリプロピレンテープのご紹介

ポリプロピレンテープのご紹介

ポリプロピレンテープ(PPテープ)は、ポリプロピレン(PP)基材の片面テープで、糊残りしにくく、高い耐衝撃吸収特性を備えたテープです。今回は、ポリプロピレンテープの特徴・用途についてご紹介します。



ポリプロピレンテープの特徴

ポリプロピレンテープは以下の様な特徴があります。

[主な特徴]
・一軸延伸のポリプロピレンフィルムを基材とし、高い強度があります。
・糊残りしにくく、被着面を汚染しません。
・耐熱性、耐寒性に優れ、屋外、低温倉庫でもご使用頂けます。
・伸びが少なく、確実に品物を保持、固定します。
・耐薬品性があります。

ポリプロピレンテープの用途

IPM-Office-Automation_Securing-of-Parts-for-Transport-001_72dpi

ポリプロピレンテープの用途例をご紹介します。

[用途例]

・商品輸送時の荷崩れ防止
・商品輸送時の部品・部材等の仮止め
・鋼管や、角材、プラスチックパイプなどの結束
・冷凍食品の梱包
・ダンボールの取っ手部分の補強

[輸送時の部品の仮固定に]
ポリプロピレンフィルムを基材とした仮固定用ポリプロピレン(PP)ストラッピングテープは、低温の条件下ではがす際にも糊残りしにくく、高い耐衝撃吸収特性(衝撃を緩和する特性)を備えていますから、製品輸送時の製品自体の仮固定や梱包の荷崩れ防止固定に最適です。

主要用途としては、
・コピー機やプリンターなどのOA機器の部品固定
・家電・住設機器のドア、引き出しなどの可動部分の仮固定
・調理コンロのゴトクなどの可動部品の固定
などが挙げられます。

[発泡体注入時の部品の補強に]
ポリスチレン製部材と金属部材などの異種素材からなる壁の隙間にポリウレタンフォームの注入時に、部品が傷つく場合があります。 こういった場合に使用するテープは、「高い伸長性」「耐せん断性」「切れにくさ」があるポリプロピレンテープがおすすめです。ポリプロピレンテープの使用により、2つの部分を固くつなぎ合わせることができ、これにより、注入中に起こる損傷のリスクを減らすことができます。

ポリプロピレンテープ製品に関する関連ページはこちらからご覧ください。
フィルム基材テープ
輸送時の部品の仮固定
ドアの仮固定
調理コンロの輸送時の仮固定
棚や箱の仮固定

更に読む

当社について

私たちテサテープは、信頼性に優れた粘着テープによるソリューションと質の高いサービスで、様々な産業で活躍する企業の皆様をプロセスの最適化と製品改良を通じてサポートしています。また、プロの職人の方々が効率よく質の高い仕事ができるように、 あるいは、一般の消費者の方々が、家庭、オフィス、趣味のDIYでより簡単にそして楽しく作業できるような製品をお届けしています。

ポリプロピレンテープに関するお問い合わせ・ご相談は以下よりお気軽にご連絡ください。