自動車産業向けホールカバーソリューション

ホールカバー

自動車の製造工程で必要な車体の穴をふさぐ用途で使われる片面粘着テープです。従来のプラグを挿入する手法と比べ、腐食防止や風切り音の低減の効果が期待できます。

車体の軽量化と生産効率の向上を同時に実現

自動車業界では燃費の向上が重要な課題です。燃費のよい自動車は排出ガスの削減にもつながるため、サステナビリティの観点からもこれまで以上に燃費の良さが注目されています。燃費を向上させるためには、車体の重量を軽くすることが必要になります。軽量化という大きな課題の解決策として、テサではホールカバーという粘着テープをご提案しています。従来はゴムやプラスチック製のプラグを挿入する手法が一般的ですが、粘着テープを使用することで自動車1台あたり最大で85%の軽量化が実現可能です。私たちは、プラグの代替品となる新素材の粘着テープ(ホールカバー)を多数開発しています。

粘着テープは半永久的に腐食を防止することができるシーリング性に優れたソリューションです。また異音(雑音)を防止する性能にも優れ、車体を水分やホコリなどから守る気密性にも優れていることも特徴です。

ホールカバーはダイカット(打ち抜き加工)が可能なため、自動車の生産効率向上に貢献いたします。ホールカバーには、ターゲットプリントと呼ばれる目印が印刷された製品もあります。ターゲットは貼りつけ位置を決める目安として使われています。また、ホールカバーの貼りつけに適した穴の大きさを示す役割としても有効です。

ダイカット品のホールカバーは、形状や大きさの調整が自由自在です。作業の効率化として欠かせないディスペンサー(貼り込み治具)のラインナップも豊富にご用意しています。詳しくはお問い合わせください。

用途(例)

製品