テサ パワーストリップ® 高さ調節キャンバスフック[耐荷重 1 kg]

テサ パワーストリップ®
高さ調節キャンバスフックの使いかた

木枠のキャンバスやファブリックパネル専用のフックです。正しい取りつけ・取りはずし方法をご紹介します。

使い方を動画で見る

取りはずすときは

高さ調節キャンバスフックを取りはずす方法

取りはずすときは

フック部分を指で軽く支えて粘着テープの持ち手部分をしっかりとつかみ、壁面に沿ってゆっくり下に引きのばします。

35 cmほどのびると、キレイにはがれます。このときフックを壁面に強く押しつけてしまうと、粘着テープがつぶれたり切れてしまう原因になります。

体重をかけないように下へ向かってひっぱってください。

フックパーツの特徴

高さ調節キャンバスフックの特徴

高さ調節キャンバスフックの特徴

テサ パワーストリップ® 高さ調節キャンバスフックは、キャンバスアートやファブリックパネルなど木枠のアートパネルに最適です。

フックの上部についた針状のニードルを木枠に刺して固定するので、壁かけ用の金具がなくてもお使いいただけます。

アートが傾かないように支える設計となっているため、壁面にぴったりとつけることができます。

詳しい使い方はこちら

高さ調節キャンバスフック 取りつけ手順 Step 1
01取りつける所をキレイにしましょう

ほこりや汚れ、水分が表面についていると粘着テープがしっかりとつきません。乾いたふきんなどで表面の汚れを落としてください。

高さ調節キャンバスフック 取りつけ手順 Step 2
02壁面に粘着テープを貼りつけましょう

説明書(英文)に付属の粘着テープを台紙からゆっくりはがし、持ち手部分が下になるように壁面に貼りつけます。

このとき粘着面(ベタベタする部分)を触らないように注意してください。手指の皮脂などがつくと、粘着テープの性能が落ちてしまいます。

粘着テープの上半分と下半分を2か所にわけて指でしっかり押しつけます。クッション材のようになっているので、体重をかけて粘着テープをつぶすように5秒以上押しつけるのがポイント。なでるだけでは、しっかりつきませんので要注意です。

高さ調節キャンバスフック 取りつけ手順 Step 3
03フックを取りつけましょう

ゆっくりはくり紙をはがします。持ち手部分の白い面が手前になっていることを確認してください(青色の面は壁面側です)。

粘着テープの上部とフックパーツの上部をそろえて貼りつけます。持ち手部分が下にはみ出ていればOKです。

フック先端の針をよけるように親指をあて、もう一度体重をかけてしっかり5秒以上押しつけましょう。フックの中心部と下部と3か所に分けてしっかり押しつけるのがポイントです。

高さ調節キャンバスフック 取りつけ手順 Step 4
04フックの高さを調節しましょう

赤いパーツを上にずらすとアジャスターのロックを解除できます。

青いフック部分を指で支え、上に動かすと高さを調節できます(可動域:約 1 cm)。調節が終わったら、カチッと音がするまで赤いパーツを下げアジャスターをロックしてください。

高さ調節キャンバスフック 取りつけ手順 Step 5
05お好みのアイテムをかけましょう

フック上部の針(ニードル)にお好みのアイテムの木枠をのせてください。

フック1つにつき、1 kgまでのものをかけることができます。2つ並べて使えば、2 kgまでのものをかけられます。

※1つのアイテムに使用できるフックの数は2つまでです。3つ以上使用すると荷重が均一にかかりづらくなります。