A small stack of products in boxes sitting on a manual pallet jack in a loading dock door at a distribution warehouse.
樹脂接着をより
簡単に

樹脂接着をより
簡単に

樹脂には非常に多くの種類が存在し、一つのソリューションであらゆる樹脂と樹脂の接合を行うことは困難です。 しかし、tesa ® HiPはそのような問題を解決し、樹脂接着をより簡単なものにします。



成形加工技術の進歩により、強度や剛性の高い成形品が生産されるようになり、それに伴って近年では車両への樹脂の使用が増加しています。従来、樹脂は主にクリップ、接着剤、または溶着で接着されてきましたが、それらに代わる新たな技術として開発されたのが、tesa ® HiPです。

例えばPPとABSを接着したい場合、あるいはPAとPCを接着したい場合、樹脂の種類に応じてソリューションを変える必要はありません。tesa ® HiPという一つのソリューションで様々な樹脂接着に対応します。内装での使用を前提とした低VOCの仕様で、主にドアパネル、コックピット、ダッシュボード、インストルメントパネル等の樹脂部品の永久固定用途としてご使用いただけます。

続けて読む

ファンタスティック・オン・プラスチック-あなたにとってのメリットは何でしょうか?