E-Mobility Key Visual

e-モビリティ

電気自動車や燃料電池など、電力で駆動する自動車においても粘着テープが活躍しています。電気絶縁や熱対策など、目的に合った製品をご提案します。

モビリティの未来を支えるために

いま自動車は大きく変革を遂げています。PHEV(プラグインハイブリッド)、HEV(ハイブリッド)、EV(電気自動車)など、電力で駆動する自動車が台頭してきています。私たちテサがお届けする粘着テープは、バッテリー部品の接着などで活躍が期待されています。これまでエレクトロニクス業界などを通じ培ってきたノウハウを活かし、自動車業界のお客様と力を合わせてモビリティの未来を切り開いてゆきます。

私たちは、IATF16949で認証された粘着テープのグローバル企業です。販売拠点や法人のお客様専用のソリューションセンターが世界中に点在しています。実際の用途に近い環境で試験を重ね、お客様にとって最適なソリューションをご提案します。また、生産拠点を欧州や北米、アジアにもっており、お客様のサプライチェーン短縮やきめ細かいサポートの提供に尽力しています。

機能性豊かな粘着テープ製品

当社は、電気絶縁、部品固定、熱マネジメント、熱暴走対策、そしてワイヤーハーネス結束の分野において、特殊機能を備えた粘着テープを多数取り揃えています。各分野に関する詳細は以下のページをご覧ください。

バッテリー向けの用途(例)

熱暴走対策

難燃性や絶縁性を備えた粘着テープは、セルが異常発熱した場合に周辺セルへの熱伝播を抑え、システム全体への影響を最小限に抑えます。

Heat shield battery lid

絶縁と固定

バッテリーセル間の接着や、冷却プレートの絶縁及び固定向け粘着テープは、絶縁性能と部品固定を同時に叶えられ、プロセスを合理化します。

Prismatic Cell Wrapping

固定と緩衝

バッテリー部品の固定向け粘着テープは、バッテリー寿命まで確実な接着を保持します。また、緩衝用途では、バッテリーセルの膨張・収縮を補正し、セルに掛かる圧力を均一化することで、性能と寿命を最大化します。

Prismatic cell to cell mounting

熱マネジメント

熱伝導性能や遮熱性能を持った粘着テープは、セルと電子部品を適切な温度に保ち、バッテリーの長寿命化に貢献します。

Thermal Management
Highlights of subsegments

熱暴走対策

難燃性や絶縁性を備えた粘着テープは、セルが異常発熱した場合に周辺セルへの熱伝播を抑え、システム全体への影響を最小限に抑えます。

Heat shield battery lid

絶縁と固定

バッテリーセル間の接着や、冷却プレートの絶縁及び固定向け粘着テープは、絶縁性能と部品固定を同時に叶えられ、プロセスを合理化します。

Prismatic Cell Wrapping

固定と緩衝

バッテリー部品の固定向け粘着テープは、バッテリー寿命まで確実な接着を保持します。また、緩衝用途では、バッテリーセルの膨張・収縮を補正し、セルに掛かる圧力を均一化することで、性能と寿命を最大化します。

Prismatic cell to cell mounting

熱マネジメント

熱伝導性能や遮熱性能を持った粘着テープは、セルと電子部品を適切な温度に保ち、バッテリーの長寿命化に貢献します。

Thermal Management

生産性向上のためのサポート

当社では、用途に合った粘着テープをご提供することだけでなく、プロセス改善や効率化のためのサポートを行っています。例えば、ご希望の形状に合わせた打ち抜き加工でのご提供や自動化導入の支援も行っています。

バッテリー用粘着テープ製品カタログ